不動産の売り方、買い方:上手な付き合い方を知ること

賃貸色々

リフォーム済みの賃貸住宅を選ぶ工夫で得られる利点

最近多くなっている物件がリフォーム済みの賃貸住宅です。空き室の増加などに悩む大家が入居率を改善するために行うケースも多く、比較的どこでも見られるようになっています。 リフォーム済みの賃貸を選ぶ工夫によっていくつかの利点も得られます。利点の1つとして、賃貸でありながら新築住宅のような快適な住空間を得やすいという点です。設備が新しく更新されていることも多いので、最新の賃貸住宅同様の住み心地を得やすくなります。 また新築の賃貸住宅よりも賃料相場は低めとなっているのも利点の1つです。住宅自体の基礎が古い場合は物件価値がそれだけ下がりますが、借りる側にはあまり影響しないので、借り手にとってはリフォーム済みの賃貸を選ぶ工夫で得られる恩恵が多くなります。

都市型コンパクトマンションがトレンドな賃貸物件の1つ

主に都市部に見られる賃貸住宅の1つに都市型コンパクトマンションがあります。その特徴はワンルームマンションよりかは大きく、ファミリーマンションよりかは小さな間取りを持っているのが特徴です。そのため間取りとしては2DKや1DKで一部屋が大きいといった物件が見られます。 都市型コンパクトマンションは、この特徴からワンルームマンションでは狭く、ファミリーマンションでは広すぎるという人たちを中心にトレンドとなっている物件です。 例えば一人暮らしだが、ワンルームマンションのような狭い賃貸住宅を借りたくないという、収入がある程度ある独身世帯や、夫婦や同棲をしているカップルなどがその手頃な広さからよく都市型コンパクトマンションを選んでおり、人気のある賃貸住宅となっています。