不動産の売り方、買い方:上手な付き合い方を知ること

不動産を借りる時

賃貸物件を選ぶ時に細かなポイントもチェックを!

進学や単身赴任などでアパートや賃貸マンションなどの不動産情報に目を通す時に、選び方のコツを押さえておくと、後悔しません。 駅からの距離や物件の新しさばかりに意識が向かいがちですが、その他にも快適な暮らしを支えるポイントがありますので、覚えておきましょう。 まず、南向きの物件を優先的に選びたいものです。北寄りの物件だと日陰っている時間が多く、冬はとても寒くなります。西寄りでは夏の日差しが強く辛い思いをします。南向きならオールシーズン快適で、洗濯物がよく乾くというメリットがあります。 さらに角部屋があれば積極的に狙いたいものです。同じ階で隣接する部屋が1件だけですので、騒音の心配が減ります。 このような細かなポイントを踏まえ、不動産情報をチェックしましょう。

賃貸など不動産情報を調べる際には防犯対策の有無に注意しよう

女性が一人暮らしをする時に、心配になるのが防犯についてです。単に駅から近いという理由だけで賃貸物件を選んでしまうと、防犯対策が行き届いていない危ない物件に入居する恐れがあるため、不動産情報をしっかりと確認してから決めたいところです。 最近のトレンドとしては、2ロックやTVモニタ付きインターホン、オートロックで防犯対策を強化している物件が多くなっています。古い物件では設置されていないケースが目立ちますが、リノベーション済みの物件であれば、これらが利用できることもよくあります。 また、1階の物件は避けた方が無難です。道路や庭から、洗濯物を盗まれる可能性が高いからです。 不安であれば不動産を取り扱う会社に相談して、適した物件をアドバイスしてもらうとよいでしょう。