不動産の売り方、買い方:上手な付き合い方を知ること

ローン返済

マイホームを競売で失うのは避けたいという人に

せっかくマイホームを手に入れても何らかの事情でローンの返済が困難になり、手放さなくてはならなくなることがあります。そのような場合、家の売却という結論自体は変えられなくとも、残債を減らすためには少しでも高い価格で売却する必要があります。 もしローンの返済が滞ったまま何もしないでいると、債権者は裁判所に申し立てて競売の手続きを進めます。競売が行われた場合、所有者の意向に関係なく強制的に処分が行われ、家は他人のものとなってしまいます。しかもその際の平均売却価格は市価の6〜7割程度とかなり安いものになってしまいます。 こうした事態を避けるための手段としては、任意売却があります。任意売却は所有者と債権者が合意のうえ、任意の方法で住宅を売却することです。

専門業者が債権者との交渉を支援

任意売却はバブル経済の崩壊以降に不況が続いた中で徐々に一般化していった手法です。競売と異なり不動産業者に依頼して一般の中古住宅と同じようなやり方で買い手を探すので、市価に近い価格で売却できるというメリットがあります。 最近では任意売却物件を専門に手がける不動産業者が事業展開を行っているほか、売却手続きをサポートするNPO法人なども活動しています。こうした専門家のサポートを受ければ、債権者との交渉もスムーズに運ぶことができます。売却から明け渡しのスケジュールなどについて、競売の場合は裁判所によって一方的に設定されてしまうのですが、任意売却の場合は交渉次第で生活に支障が出ないよう工夫できる余地があります。また、売却代金から引っ越し費用をねん出できる可能性もあります。